弁護士に依頼する利点

交通事故で弁護士に依頼をすれば、慰謝料の増額が見込める可能性があります。保険会社から提示される慰謝料の額は、保険会社が独自に算出した金額のため、それ以上増額される可能性は低いといえます。しかし、弁護士は法的な面から判断し交渉するため、保険会社のルールに縛られず交渉が可能です。

自動車保険の契約内容に弁護士費用特約が付いていれば、弁護士への依頼はゼロになることもあります。弁護士に依頼すれば、一定期間治療を受けていても後遺障害の認定を受けることができます。弁護士は保険会社と示談交渉を行い、慰謝料で一番高額な裁判所基準で交渉するため、保険会社に任せる場合と比べて金額が高くなる可能性があるといえるのです。もし示談が成立すれば交渉は成立となり、納得いく内容にならなければ裁判手続きに踏み切ることもできます。

弁護士に依頼する費用は、弁護士費用特約が付いていれば、多くの場合で相談料、着手金、報酬すべて無料です。付いていない場合でも家族の保険で適用できる場合や、歩行中でも自身が契約する車の保険を使えるケースもあります。弁護士費用特約が付いていない場合は、報酬金として回収金の10%+20万円を想定しておきましょう。これに相談料や着手金がかかる弁護士もあります。

About the Author

運営者

View Posts →