交通事故の示談とは

交通事故の多くは示談で解決されています。示談とは保険会社の代理人が交渉にあたり、被害者側とやりとりします。保険会社は損害賠償金や慰謝料を提示し、その金額に納得できれば示談となります。示談は交通事故の状況把握に強い保険のプロと個人がやり取りするため、どうしても被害者側が弱い立場になってしまうのです。被害者は日ごろから交通事故の示談金の情報を得ているわけではなく、提示された金額でしぶしぶ了承するケースが多いようです。実は示談成立とは、双方が納得しなければ成立できません。被害者が納得できる保証が得られないと感じれば、裁判を起こすことも可能です。多くの人が裁判を起こさないのは、時間も費用もかかるためでしょう。裁判を起こせば何度も法廷に足を運ばなければならず、弁護士費用もかかるため、たいていの場合は示談で済ましているのです。

また、車同士の事故の場合、100%相手が悪くても加害者側が100%の過失となることは少なくなっています。明らかに被害者の車が停車していたなら別ですが、両方動いていればどちらにも過失があったと判断されかねないのです。車同士の場合はお互いの保険会社の代理人同士が話し合うことになり、保険会社に言われるがままに示談してしまう人も少なくないのです。

About the Author

運営者

View Posts →