交通事故にあったら

交通事故はある日突然おきるため、誰もが予測することはできません。交通事故に関する知識が少ないと、パニックを起こす人も少なくないでしょう。事故が起きたときの流れを簡単に把握しておけば、いざというときに慌てなくて済みます。

万が一交通事故で加害者になった場合は、安全に停車できる位置で車を停めましょう。動揺してその場を立ち去ってしまうと、ひき逃げとなるため注意しなければなりません。相手は人、車、自転車などさまざまですが、もし負傷者がいるなら119番します。相手が軽症に見えても遅れて症状が出てくることもあるため、必要になさそうに見えても後日病院に受診してもらったほうがよいでしょう。警察や保険会社への連絡は、救護が済んでからです。被害者側になった場合も同様に、救済、警察への連絡をしましょう。被害者が忘れてはならないのが、相手の連絡先の記録です。目撃者がいるようなら連絡先を教えてもらいましょう。

注意したいのが、当事者だけで示談してはならないことです。交通事故は後日症状が現れて、後遺症を負うリスクあります。事故にあった当日はパニックを起こし痛みを感じないことも少なくないようで、後日痛みを感じ病院を受診するケースもあるようです。連絡先も聞かずにその場で示談してしまえば、何の補償も受けることはできません。交通事故の慰謝料は示談で済ますことが多く、交渉をするために保険会社や弁護士が存在しているのです。万が一トラブルが起きた際の、弁護士への依頼方法を紹介します。

About the Author

運営者

View Posts →